国原譜

いろいろなことの変わり目の時代に入って…

関連ワード:

 いろいろなことの変わり目の時代に入ってきた。そんな感じがする。それは政治が変わるとか、政治を変えるということを実感することでもある。

 

 自民党の「政治刷新車座対話」が先日、県内でも開かれた。はて~である。「今ごろこんなことをやっているようでは駄目だな」というのが正直な感想。

 

 同党は派閥を解消したり、政治資金規制法の改正に取り組んだりしているが、どれも政党の改革に絡むものばかりで、政治の改革に向けた展望がない。

 

 前に本欄で、民主主義とは手続きであり、論議・討議が基本だと述べた。加えて、政党のもう一つの役割である「立法」もお忘れなく、と言っておきたい。

 

 テレビの国会中継を見れば誰でも気づくように、質疑や答弁の最中に官僚たちがせわしくなく動き回っている。立法の役割は、議員ではなく官僚が担っているのだな、と思う。

 

 そろそろ政党は本来の役割を担うべきでは。与党も野党もない。政党とは何か、そして政治とは何か。重い課題を突きつけたのは自民党の裏金問題だ。この問題が本当の意味で、国民の出番の幕を開けた。(北)

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド