国原譜

ようやく政治資金規正法の修正案がまとま…

関連ワード:

 ようやく政治資金規正法の修正案がまとまりそうだ。最初から思い切った改革案を示していれば、ここまでもつれることはなかった。

 

 週明けにも特別委、本会議を経て成立の見込みだ。自民党が自分の党の問題なのに、本気で改革しようという姿勢がなかったからと、国民の目には映っている。

 

 秋の総裁選を控えた岸田文雄首相にとって、解散総選挙を含め再選に向けたシナリオが、ことごとくマイナスとなっている。支持率の回復どころか、さらに下降気味だ。

 

 会期末も迫っており、起死回生の手はあるのか。政治の世界は一寸先は闇ともいわれ、これから何が起きるか分からないが、プラス材料が見当たらない。

 

 あの民主党が政権を奪取した時と似たような状況ではないか。おきゅうを据えるつもりが、政権交代までしてしまったことは、まだ記憶に新しいし、そんな昔のことではない。

 

 裏金問題で政倫審から出席を求められた自民党議員は1人も出席しないというから、国民に対する誠意も感じられない。当事者である県選出の参院議員も、どうやら弁明する気がないようだ。 (治)

 

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド