教育

学んだ教訓、若い世代へ 西和清陵高で防災研修 DMAT隊員・南田さんが講演

関連ワード:

DMATでの活動を紹介する南田哲平さん=5月27日、三郷町信貴ケ丘の県立西和清陵高校

別の写真を見る

 奈良県三郷町信貴ケ丘4丁目の県立西和清陵高校(米倉信岳校長、全校生徒534人)は5月27日、2年生181人を対象に防災研修を実施した。DMAT(災害派遣医療チーム)隊員として東日本大震災や能登半島地震などで活動した県立医大付属病院の看護師、南田哲平さんが講演し、「看護師としてDMAT隊員の道もあることを知ってもらいたい。万一、避難所で過ごすことになれば、自分が何ができるのかを考えてほしい」と語った。

 

この記事の残り文字数:534文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド