歴史文化

ОSK日本歌劇団「レビュー in Kyoto」7月上演 楊&舞美 京都南座ラストステージ - もっともっと輝いて【後編】

関連ワード:

取材会で思いを語る楊(左手前)=4月19日、大阪市内

別の写真を見る

 ОSK日本歌劇団は7月13~21日、京都南座(京都市東山区)で「レビュー in Kyoto」(荻田浩一構成・演出)を上演する。同公演は8月の東京・新橋演舞場公演で同時退団するトップコンビ楊琳(やん・りん)と舞美りら(まいみ・りら)の南座ラストステージ。楊&舞美のトップコンビと舞美とともに娘役トップスターを務める千咲えみ(ちさき・えみ)、男役スターの華月奏(はなづき・そう)と翼和希(つばさ・かずき)が出席して行われた取材会の様子を【前編】(https://www.nara-np.co.jp/news/20240420044645.html )に続いてレポートする。

 

 

南座に立てる幸せ

 

  今年、創立102年目を迎えたОSK。2007年11月に52年ぶりの南座公演が実現して以来、同劇場が改修工事のために休館していた期間を除くほぼ毎年、年に一度の公演を続けてきた。

 

 京都の伝統的な街並みに立つ南座は400年余り前から現在の場所で、歌舞伎をはじめ、さまざまなジャンルのエンターテインメントを発信してきた。2007年からずっと南座公演に参加している楊は「南座には独特の空気感があり、歴史の重み、格を感じます。そんな南座に立たせていただけることは本当に幸せ」と話した。

 

 楊はまた「南座公演は挑戦的な作品が多くて、とても勉強になりました」と振り返る。中でも特に印象に残っている作品として2008年「レビュー in Kyoto」第1部「源氏千年夢絵巻~輪舞曲~薫と浮舟」での白塗り化粧をあげ、「第2部は洋舞レビュー。白塗りから洋物、というのは初体験でした。幕間の30分休憩の間に一から顔を作り直すので、みんなで、てんやわんや。大変でしたが、とても楽しい思い出です」と話した。

 

 舞美は南座のお膝元、京都市出身。入団2年目だった2011年「レビュー虹のおどり」第2部で半ズボンの衣裳で演じた少年ペペ役、2013年「レビュー in Kyoto」第1部のミュージカル「Love Traveler~幻の蝶を追って~」の蝶の役などを振り返り「どの公演も思い出深い…。お芝居が大好きになるきっかけも南座でした」と述べた。

 

 

それぞれのさよならショー

 

 今年4月に大阪松竹座(大阪市中央区)で上演した「レビュー春のおどり」第2部の洋舞レビュー「BAILA BAILA BAILA(バイラ・バイラ・バイラ)」に、新たなシーンを加えて再構成する「レビュー in Kyoto」。千秋楽は11時、15時の両公演とも終演後にさよならショーがある。

 

 取材会では「レビュー春のおどり」千秋楽に上演したさよならショーの印象についての質問もあった。

 

翼 私はさよならショーに盛り込まれた作品、全部、ご一緒させていただいたので、たくさんの思い出にひたりつつお稽古、本番と過ごさせていただきました。本番の舞台ですごく印象的だったのは、センターに立ってらっしゃる楊さんが誰よりも笑顔で、お客さまも皆さん笑顔で見てくださっていたこと。もちろん泣いている方もおられましたが、とにかくカラッとしていて。すごく爽やかな、さよならショーを体験させていただきました

 

華月 さよならショーで、舞美さんが一人で歌っていて、次の曲につながる時に楊さんが後ろからそっと寄り添う、という場面があるのですが、この寄り添われる瞬間が何ともいえない温かさで、ぐっとくる、というか。ああ、この二人を見守れてよかった、とあらためて思いました。この気持ちをかみしめて、南座のさよならショーも立ち会わせていただけたらな、と思います。

 

千咲 最後の曲「青のINFINITY」で幕が降りる時、ずっと前に進んでいるイメージで足を踏み続けて、と荻田先生がおっしゃったのですが、緞帳が降りてもずっと歩みを止めない、という演出がすごく好きで印象に残っています。4月の大阪松竹座では「お二人と共に歩いていきます」という気持ちで演じました。7月の南座、そして8月の新橋演舞場、私はどんな気持ちで歩くのでしょうか…。

 

舞美 楊さんのトップお披露目公演「STARt」(2021年)でご一緒に踊らせていただいた「僧侶と紫陽花」。楊さんとはたくさんの場面をご一緒させていただきましたが、あのデュエットダンスは自分の中でもすごく思い入れがあり、さよならショーでもう一度踊ることができて感謝でいっぱいです。楊さんとしかできない空気感があると自負しています。南座と新橋演舞場、あと4回踊らせていただけるので、思いを込めて演じたいな、と思います。

 

楊 さよならショーは千秋楽の2回だけなので、前日はとても緊張していました。迎えたショーの途中、皆さんがペンライトを振ってくださるのですが、カラフルな素敵な波、温かい波が客席から流れてきた時、とてもとても美しくて…。その時、自分の中で緊張よりも幸せとか、感謝とか、温かいものがどんどん大きくなり、最後までしっかり務められたのです。皆さまのおかげで支えられたな、と思っております。

 

 

 

~~OSK日本歌劇団「レビュー in Kyoto」~~

 7月13~21日。午前の部=11時開演、午後の部=15時開演。16日休演。20日15時公演は貸し切り。21日11時、15時の両公演終演後、さよならショーを上演。1等席7500円、2等席4500円。17、18、19日の15時公演終演後、出演者によるアフタートーク開催。チケット申し込みは5月19日10時から、チケットホン松竹=電話06(6530)0333、チケットWeb松竹=https://www1.ticket-web-shochiku.com/t/で受け付け開始。

こちらの記事も読まれています

特集記事

トレンドワード

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド