教育

かるたで伝える地域の伝承 奈良県・吉野町 - 地元の歴史・文化を知ろう【ふりがな付きニュース】

関連ワード:

 奈良県吉野町ならけんよしのちょう大字だいじひとつ、「六田むだ」に女性じょせい2人ふたり地域ちいき風習ふうしゅう歴史れきし人々ひとびといとなみをテーマにご当地とうちかるたをつくりました。ふだうつくしい木目もくめ吉野よしのスギ(たてやく11センチ、よこやく9センチ、あつやく8ミリ)。住民じゅうみんあつまりなどでゲームとしてたのしまれ、地域ちいきづくりに一役ひとやくっています。

 

 六田むだ吉野川よしのがわ左岸さがん集落しゅうらくで、かつては吉野川よしのがわさんわたひとつ「やなぎわたし」があり、大峰山おおみねさん修行しゅぎょうする修験者しゅげんしゃ行商人ぎょうしょうにんらもいにぎわいました。吉野山よしのやまいた街道かいどう沿って商店しょうてん宿やどのきつらね、谷筋たにすじには田畑たはたひろがっていました。

 

 かるた制作者せいさくしゃ元小学校教諭もとしょうがっこうきょうゆ岸本直子きしもとなおこさん(74)は川上村出身かわかみむらしゅっしん結婚けっこんして六田むだむようになりました。家族かぞくとの会話かいわだけでなくいや社寺しゃじ世話せわ葬式そうしき手伝てつだいなどに参加さんかするなか地域ちいきにまつわる知識ちしき蓄積ちくせきされ、土地とちへの愛着あいちゃくしたといいます。地名ちめい由来ゆらいなどはとく面白おもしろかんじ、高齢者こうれいしゃたずねてノートに記録きろくしていました。

 

 岸本きしもとさんが結婚けっこんしたころやく300だったという六田むだ世帯せたいすうは、人口じんこう減少げんしょう少子しょうし高齢こうれい進行しんこうで80まで減少げんしょう新型しんがたコロナウイルスの流行りゅうこうで、てら行事ぎょうじなども簡素化かんそかされてしまうなかで、「わすれられていく伝承でんしょうのこしたい」とのおもいがつよくなり、ふるくからの友人ゆうじんで、文芸ぶんげいくわしい北川きたがわ幸子さちこさん(87)の協力きょうりょくやくねんがかりで、あいうえおかるたをへんさんしました。

 

 わたぶねのわくわくかん夏祭なつまつり(7月10日)にかく家庭かていかきずしをつく風習ふうしゅうなど先祖せんぞいきづかいをとどめたかるたは、町内ちょうない製材所せいざいしょいとな岸本きしもとさんのおし木製もくせいかるたに仕立したててくれました。

 

 「くぎいたといわれる釘抜くぎぬばし ひつぎなかからこえがして くぎいたとのいわれがあるよ」「菅原池すがわらいけおく、するびだににはマッチをつく工場こうじょうがあったとさ」など、かるたにげた内容ないようは、んでいるひとでも、もうらないことがたくさんあるそうです。

 岸本きしもとさんはいままれそだった川上村かわかみむら白屋しらや地区ちくのご当地とうちかるたをがけています。「故郷こきょうのかるたづくりのほう簡単かんたんかもしれません。県内けんないでも各地かくちみなさんがご当地とうちかるたをつくってくれたらたのしいですね」とはなしてくれました。

 

 

地域ちいきへの敬意けいいがこもったご当地とうちかるたをにする岸本きしもとさん(ひだり)と北川きたがわさん=4月25日、吉野町よしのちょう六田(むだ

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド