政治

奈良市が犬猫殺処分5年連続ゼロ達成 官民一体で譲渡機会拡大に取り組み

関連ワード:

奈良市保健所が開いた保護猫の譲渡会=23年9月、同市三条本町の市はぐくみセンター(市提供)

「譲渡サポート店制度」導入へ

 

 奈良市は2019年度から23年度まで5年連続で、犬猫殺処分ゼロを達成した。市によると、23年度に市保健所が収容した犬猫の総数は226頭。うち自然死・安楽死は28頭と前年度より12頭増えたが、譲渡にこぎつけたのは猫173頭、犬4頭の合わせて177頭で、前年度の164頭より13頭増えて過去最高となった。市は本年度、新たに「譲渡サポート店制度」に取り組む予定で、仲川元庸市長は同様の取り組みが他の自治体に広がることも期待している。

この記事の残り文字数:1,010文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド