社会

「仏像写真」追求100年の歩み 写真家小川晴暘と「飛鳥園」の活動を振り返る特別展 奈良県立美術館で6月23日まで

関連ワード:

小川晴暘「新薬師寺金堂十二神将・伐折羅大将像」(©Askaen.inc)

 奈良を中心に仏像を撮った写真家小川晴暘(せいよう、1894~1960年)、光三親子の写真作品と、晴暘が設立した仏像撮影専門の写真館「飛鳥園」の活動を振り返る展覧会「小川晴暘と飛鳥園 100年の旅」(同館など主催、奈良新聞社など後援)が、奈良市登大路町の奈良県立美術館で開かれている。仏像写真やスケッチ、書籍など約110件を展示する。6月23日まで。

この記事の残り文字数:830文字
(写真1枚 あり)

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド