歴史文化

【動画あり】満開 春日大社の「砂ずりの藤」

関連ワード:

満開の藤はまさに藤色のカーテン=25日、奈良市春日町の春日大社

 

「砂ずりの藤」で知られる春日大社(奈良市春日野町)の藤の花が見ごろを迎えている。

 

 本殿をめぐる回廊の内側につくられた棚に咲く藤は樹齢700年以上といわれ、花房が1m以上にも延び、地面の砂にすれるということからこの名が付けられた。

 

 藤原氏とゆかりの深い春日大社では藤が社紋となっており、巫女(みこ)の髪にも藤のかんざしが飾られている。撮影した25日は前日に降った雨の水滴がキラキラと輝き、朝から多くの人がカメラを向けていた。

 

 平年より1週間ほど遅く開花したため、ゴールデンウィークごろまで楽しめそうだ。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド