募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

スポーツ

シカッチェ13位 「マスコットオブザイヤー」 - バンビシャス奈良

関連ワード:

2023―24シーズンのマスコットオブザイヤーで13位になったシカッチェ=6日、ロートアリーナ奈良

 恒例となった各チームキャラクターの人気投票「マスコットオブザイヤー」が開かれ、その結果が4日に発表された。

 

 今シーズンはB1、B2、B3の計49チームからエントリーがあり、バンビシャス奈良のシカッチェは13位となり、昨シーズンの18位から順位を上げた。

 

 順位にはキャラクターの魅力ももちろんだが、チーム自体のファン層の厚さも大きく影響する。結果的にB1のマスコットが上位に入ることになるが、そんな中、シカッチェはB2リーグながら常に上位に食い込んできた。状況が一変したのはB3リーグがマスコットオブザイヤーに参戦した2021―22シーズン。それまでずっと一けた台だった順位を14に落とした。その伏兵となったのが当時B3在籍のベルテックス静岡の「ベルティ」。以降シカッチェは後塵(こうじん)を拝し続け、静岡がB2に昇格した今シーズン、ベルティはついに10位に食い込んだ。

 

 バンビシャスは静岡と3勝3敗で引き分けているが、静岡は依然プレーオフ進出の可能性を残すなどチームも勢いを持つ。バンビシャス奈良はこれまで「シカッチェ人気」に支えられてきた。来シーズンはチームがシカッチェを支える番だ。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド