社会

原告の奈良の夫妻「命の価値を認められた」 ペット手術中死亡訴訟 京都地裁、病院側に賠償命令

関連ワード:

元気だったウサギ「しろ」=2021年4月、奈良市内の自宅(元飼い主提供)

 切開手術の危険性を十分に説明せずにペットのウサギに手術し、死んだとして、飼い主だった奈良市内に住む夫妻が動物病院(精華町)を経営する代表者の男性=奈良市=や男性院長=同=、男性獣医師=同=に約600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は請求の一部を認め、66万円の支払いを命じた。判決は3月26日付。飼い主の夫妻は4月5日の記者会見で、「今後、家族同然のペットがこのような被害を受けないことを願う」と話していた。

この記事の残り文字数:558文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド