社会

奈良県宇陀市の県道吉野室生寺針線で土砂崩れ、付近通行止め

関連ワード:

 2日午後10時5分ごろ、奈良県宇陀市室生大野の県道吉野室生寺針線で、土砂が崩落しているのを通行車両の運転手が見つけ、110番通報した。付近は通行止めとなっており、復旧のめどは立っていない。けが人はなかった。

 

 桜井署によると、道路脇の斜面が高さ約20メートルの部分で崩れ、道路(幅約8.8メートル)に土砂が散らばった。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド