政治

奈良市総合財団の職員が620万円横領 7年間で計110回、懲戒免職処分

関連ワード:

 奈良市総合財団は1日、指定管理する市都祁交流センターで、会計を担当する財団採用の男性主任(47)が2017年度から7年間に渡り計110回、灯油や消毒液の購入を理由に財団の通帳から現金を引き出し、計620万392円を着服していたことが分かり、懲戒免職処分にしたと発表した。処分は3月31日付。奈良市役所で記者会見した財団の嶋崎隆則事務局長(57)は「職員の横領事件という不祥事が発覚した。申し訳ない」と謝罪した。

この記事の残り文字数:608文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド