歴史文化

「籠松明」炎の舞 華やかに - 奈良お水取り2024

関連ワード:

二月堂の舞台に上がった籠松明=12日、奈良市雑司町の東大寺

別の写真を見る

 東大寺二月堂(奈良市雑司町)の修二会(しゅにえ、お水取り)は12日、毎夜の松明(たいまつ)より一回り大きくて華やかな「籠松明」が二月堂に上がった。

 

 世話役の「童子(どうじ)」が長さ約8メートルある籠松明を担ぎ、練行衆(れんぎょうしゅう)をお堂へ導くと、舞台から籠松明を突き出して周囲を赤く照らした。今年はコロナ禍に中止していた二月堂周辺の籠松明の拝観が再開され、一般参拝者は移動しながら炎の舞に見入った。

 

 13日未明には「お水取り」名の由来となった、二月堂下の井戸から本尊に供える香水をくみ上げる儀式「水取り」が営まれ、15日未明に満行を迎える。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド