社会

【動画あり】春を呼ぶ曽爾高原の山焼き

関連ワード:

うねりのように燃え広がる炎=11日、曽爾村の曽爾高原

 

 ススキの大草原で知られる曽爾高原の山焼きが3月11日、「曽爾高原を守る会」のメンバー、芝田曽爾村長やボランティアら約30人が参加して行われた。

 

 曽爾高原は約38ヘクタールで同じく新春の山焼きが有名な若草山とほぼ同じ広さ。山を焼くことで、灰がススキの成長を促すため、毎年2月ごろ行われるが、今年は悪天候のため順延が繰り返され、ようやく、この日の実施となった。

 

 山焼きは延焼を防ぐため山の上部から火を付け、焼け終えたところで麓から火を付けると、炎はうねりのように燃え広がり、約4時間で高原のほぼ全てを焼き尽くした

 

 曽爾高原を守る会の辻貴仁会長は「一大イベントが無事に終わって本当に安堵しています」と語った。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド