政治

奈良市新年度予算案、2年連続で「過去最大」を更新

関連ワード:

ごみ施設や道路など投資的経費が増大

 

 奈良市は21日、総額1629億5000万円の2024年度一般会計予算案を発表した。年初めの能登半島地震を契機に生駒市と共同運用する消防指令センターの指令システム更新や、鶴舞橋耐震補強工事など「防災力向上」「まちの強靭(きょうじん)化」といった災害対策に力点を置いた。さらに、環境清美工場焼却処理施設改修や、JR新駅周辺での西九条佐保線をはじめ道路新設改良、小中学校エレベーター設置などで投資的経費が増大。前年度を129億7000万円(8.6%)上回り、2年連続「過去最大」を更新した。29日開会の市議会3月定例会に提案する。

この記事の残り文字数:1,018文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド