スポーツ

全国高校ラグビー、天理が4強入り - 奈良スポーツ回顧(1、2月)

関連ワード:

全国高校ラグビー大会準決勝、報徳学園戦で後半猛追し、トライを決める天理の松沢

 今年も奈良県内スポーツは多くのチームや選手が活躍した。昨年J3リーグ昇格を決めたサッカーの奈良クラブはさらに上を目指し気を吐く。Bリーグのバンビシャス奈良は新シーズンに入り9連敗しながらも瀬戸際で2部に踏ん張る。かごしま国体の高校軟式野球では天理が完全試合で優勝。一方、2020年大相撲初場所で幕尻初優勝を果たした県出身の徳勝龍が、秋場所を前に引退し、寂しさを残す。今年はコロナ禍を脱してスポーツ界も平常の大会に戻りつつあるようだ。印象に残る試合や選手、チームの活躍を月ごとに振り返る。

この記事の残り文字数:758文字

この記事はスポーツジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド