経済

10月の奈良県公共工事動向 件数は微減、請負金額は増

関連ワード:

 西日本建設業保証奈良支店は20日までに、10月の奈良県公共工事動向(前払金保証実績)を発表した。前年同月比で件数は微減し、請負金額は増加した。

 

 件数は前年同月比0・6%減の154件。請負金額は同27・3%増の62億1300万円となった。

 

 発注者別は国4件、1億9800万円▽県80件、22億6400万円▽市町村63件、30億7500万円―など。

 

 工種別は土木97件、36億6700万円▽建築14件、18億400万円▽測量・調査・設計37件、4億6600万円―などとなっている。

 

 地区別は奈良32件、20億2500万円▽大和郡山20件、6億1800万円▽大和高田22件、9億4200円▽桜井33件、8億8800万円▽宇陀14件、8億1100万円▽吉野14件、2億9100万円▽五條19件、 6億3600万円だった。

 

 10月分の大型工事は次の通り。(かっこ内は発注者と対象額)

 

 宇陀市立新学校給食センター建設工事(宇陀市、3億9900万円)▽北保育所建て替え工事(天理市、3億5千万円)▽本庁舎北棟外壁改修その他工事(奈良市、2億1900万円)―など。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド