歴史文化

「考古学から見た道成寺」 院主が絵とき説法 - 帝塚山大シンポジウム

関連ワード:

重文の「道成寺縁起」のレプリカの絵巻物を使い、絵とき説法をしてみせる小野俊成院主=16日、奈良市帝塚山7の帝塚山大学東生駒キャンパス

 帝塚山大学考古学研究所・附属博物館共催のシンポジウム「考古学から見た道成寺」が16日、奈良市帝塚山7丁目の帝塚山大学東生駒キャンパスで開かれ、約70人が聴講した。安珍・清姫伝説で有名な和歌山県日高川町鐘巻の古刹・道成寺の小野俊成院主が、寺に伝わる「道成寺縁起」(室町時代、重要文化財)のレプリカを使った「絵とき説法」を行い、「釣り鐘のない寺」道成寺にまつわる悲恋のストーリーを、巧みな話術とユーモア溢れる語り口で伝えた。

この記事の残り文字数:525文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド