教育

奈良県の小・中・高校生、携帯端末所有率85.7% 保護者によるネット利用管理減

関連ワード:

 奈良県青少年・社会活動推進課は、小・中・高校生の保護者を対象にした2022年度「青少年のインターネット利用に関する調査」の結果をまとめた。スマートフォンなど携帯電話端末の所有率は85.7%で増加が続いているが、保護者がインターネットの利用を管理しているとした回答は逆に減少傾向にあることが分かった。同課は、有害サイトなどへの接続を制限するフィルタリングサービスの利用促進など啓発に引き続き取り組むとしている。

この記事の残り文字数:1,223文字

この記事は教育ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド