政治

香芝市へ生活保護問題調査団、市議の同席巡り意見書

関連ワード:

香芝市の生活保護行政に対する意見書を提出後、記者会見する吉永団長(中央)ら=12日、香芝市藤山1の市立ふたかみ文化センター

 福祉関係者や弁護士で構成する「奈良県香芝市生活保護問題調査団」(団長=吉永純花園大学教授)は12日、「生活保護の相談申請時に市議の同席を認めないことは根拠がない」などとした意見書を福岡憲宏市長に対し提出した。吉永団長や同問題を巡って市議会から懲罰決議を受けた青木恒子市議(共産党)らメンバー6人が、市総合福祉センターを訪れて提出。市側は市福祉部生活支援課長が意見書を受け取るにとどめ、話し合いの時間はなかった。

この記事の残り文字数:474文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド