政治

奈良県職員採用試験 「1種試験」の対象拡大 幅広い人材確保へ

関連ワード:

 奈良県人事委員会事務局は6日、2023年度県職員採用試験の年間実施計画を発表した。県では土木や建築など専門職の人手不足が顕著で、事務職も受験者が減少傾向となっており、同委員会は多様な人材を確保するため従来より受けやすい試験への見直しを実施。前年度から導入した「1種試験(技術系チャレンジ型)」の対象に設備分野を加えるほか、行政分野でも口述試験の評価を重視する「1種試験(行政アピール型)」を新設。より幅広い人材の確保を目指す。 同事務局によると、従来の1種試験(行政A)は17年度に5.1倍だった競争率が21年度は2.4倍まで低下。さらに技術系専門職の人材不足は著しく、募集定員割れの状態となっており、21年度の土木職は43人の採用を目指したものの受験者は17人にとどまった。

この記事の残り文字数:532文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド