奈良の鹿ニュース

足元を彩る 奈良産のオリジナル「鹿」ソックス - 靴下屋・奈良小西通り店

この店舗だけの「鹿」靴下を制作・販売

 プレゼントの詰まったブーツや靴下はクリスマスには欠かせないグッズ。靴下の産地として知られる奈良県だが、広陵町生まれの靴下メーカー「タビオ」(大阪市浪速区)が展開する「靴下屋」の奈良小西通り店では、トナカイならぬ「鹿」柄の靴下を今冬も店舗オリジナルで制作・販売。人気を呼んでいる。その魅力を探りに同店を訪ねた。

 

靴下屋奈良小西通り店(奈良市小西町)

 

店頭にはクリスマス気分を盛り上げる商品も=靴下屋奈良小西通り店

 

こちらは「鹿」ではなく「トナカイ」柄=同

 

 

プリント靴下は「鹿好きな人の作品」を使用

 近鉄奈良駅前で1990年から営業を続ける「靴下屋奈良小西通り店」。同店オリジナルの鹿ソックスは、刺繍とプリントで常時20種類ほどの扱いがあり、色とりどりの品ぞろえが目をひく。

 

オリジナルの「鹿」靴下が並ぶ店内=同

 

 プリント靴下の鹿写真の多くは、鹿好きの一般の方からの提供。愛らしい写真をSNSで見つけると、靴下に使わせてほしいと同店オーナーの川邊純子さん(56)自ら連絡をとる。「鹿を心から愛する方が撮った写真は気持ちがあふれている」という。

 

眠る鹿ちゃんや鹿溜まりの鹿たちの様子が鮮やかにプリントされた靴下=同

 

足底に「見えないおしゃれ」で遊びもプラス

 ある雪の日に川邊さんが夢中で撮った、鹿と雪に点々とついた足跡の一足も、信頼のおける奈良の工場と一緒に作り上げた。履くと見えなくなる足底の隠しメッセージは工場担当者の遊び心を採用したもの。

 

 ほかにも刺繍ソックスは季節ごとにベースカラーを変えたり、つま先やかかとに鹿のしっぽや奈良名産のいちごが描かれた靴下があったりと、それぞれの鹿靴下に工夫が凝らされている。

 

白鹿ちゃんの刺繍は「ゆるかわいい」雰囲気。プリント靴下は写真の再現度や素材のしなやかさに定評がある=同

 

 「奈良に店を構えるものとして、奈良産の靴下の履き心地を沢山の人に知ってほしかった。シンプルな無地の靴下に鹿をあしらい奈良みやげの定番になれば、品質の良さが広く伝わるきっかけになるのではと思い、鹿の靴下が生まれた」と川邊さんは話す。

 

最初に刺繍を入れ商品化された、シンプルな鹿ちゃんソックス=同

 

メンズの鹿ちゃん刺繍ソックスもそろう=同

 

 

近日公開!なら絵の鹿もオリジナル靴下に

 来年には、鹿や「南都八景」など奈良のモチーフを鮮やかに描く「なら絵」作家・由美さんとコラボレーションした靴下を発売予定。川邊さんが由美さんの作品に魅了されアプローチしたところ、すぐに意気投合。現在、製品化にむけ準備を進めている。

 

 ほかにもお客様との縁で、新しい「鹿」靴下の計画が進行中だ。

 

 靴下が大好きで今も店に立ち、顧客との会話を大切にしている川邊さん。その人柄や商品知識は口コミでじわじわと広まり、全国各地から「足まわり」の悩み相談や問い合わせがくる。同店スタッフの西野菜月さん(27)も「探し物や色合わせなどに迷うお客様に寄り添う、あたたかな店でいたい」と話す。

 

「白鹿ちゃん刺繍」がお気に入りという、同店スタッフの西野さん。探し物をするお客様に色違いの提案をするなど、オーナーの川邊さんとともにてきぱきと動いていた=同

 

 2021年から始めたオリジナルアイテムのオンラインストアでも、鹿や古墳などをデザインした奈良感たっぷりの商品に出会える。年中無休。問い合わせは電話、0742(24)3815。営業時間などの最新情報はInstagramで発信中。

 

店舗情報

<店舗名>

靴下屋奈良小西通り店

<住所>

630-8226 奈良市小西町15 中山ビル1階

<営業時間>

10:00-19:30 ※年末年始など変更時はSNSで告知

<定休日>

年中無休

<電話>

0742-24-3815

<限定商品オンラインストア>

https://nara524socks.stores.jp/

<公式instagram>

  •  
  •  
  • Instagram
  •  

 

 

 

 

 

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド