奈良の鹿ニュース

「鹿」モチーフ限定のクラフト展「ならしかの休日Vol.9」  - 11月1日~奈良蔦屋書店にて

 

秋らしいお楽しみがギュッと詰めこまれた、mittoさんによるメインビジュアル(mittoさん提供)

 

 

 奈良ならではの「鹿」グッズを集めたクラフト展「ならしかの休日Vol.9」が11月1日から、奈良市三条大路の奈良蔦屋書店で開催される。23日まで。

 

鹿作品がずらりと並ぶ。昨年度の開催の様子(mittoさん提供)

 

 

うさぎでもパンダでもなく…テーマは「鹿」

 同展は、奈良市在住のイラストレーターmittoさんが企画。動物がモチーフの企画展にオリジナルグッズを出す中で、自身が惹かれる「鹿」オンリーのイベントを立ち上げてみようと2014年にスタート。徐々に規模を広げ、コロナ禍には来場予約制をとるなど工夫を重ねて継続。今年で9回目となる。

 

 年に一度、全国から鹿ファンが殺到する人気イベントとなった現在も、新たな作家の発掘から運営・広報まで一人でこなす。また11月が「奈良の鹿愛護会」が定めた「鹿の愛護月間」であることにちなみ、売り上げの一部は毎年、同会に寄付される。

 

鹿への想いが溢れる同イベント。チャリティの側面も持っている(同)

 

 

 mittoさんに鹿の好きなところを聞くと「愛くるしい優しい瞳」。見た目だけでなく「奈良の鹿は、人と共存する不思議な動物で神の使い。特有の存在であることに、より魅力を感じる」と話す。 

 

 

 

初出展の作家も、常連作家も見逃せない!

 テーマは初年度から変わらず「主役は、鹿」。今回も呼びかけに賛同した30人を超える作家が参加。食器や小物、アクセサリー、イラスト、紅茶など多岐にわたるジャンルで表現されたオリジナルの「鹿」作品が集結する。初参加作家4人の▽ティーポットなどの陶器▽鹿角アクセサリー▽陶アクセサリー ―も会場に並ぶ。

 

 毎回、初参加作家は注目の的だが、「毎年リピートで参加している作家さんは、毎回クオリティを上げた新作を出してくださるので、そちらも見逃せない」とmittoさん。

 

今回初参加「Sugar Poppo」が手がけた同イベントのための鹿作品。全国の催事で引っ張りだこの作家(同)

 

初参加「RAKKAKU」の鹿角アクセサリー。作家が抜け落ちた角をコツコツ拾い、加工まで手掛けている(同)

 

手捻りの花瓶は一つひとつ雰囲気のある表情。「大島奈王」の作品(同)

 

昨年も見る人を魅了した「tourbillonn」の鹿マトリョーシカ。毛並みが丁寧に描かれている(同)

 

「あいうえ堂」の革小物。本格栃木レザーで作り上げているので、贈り物にもおすすめ(同)

 

羊毛フェルトで作られた「The Cozy Garden」の愛らしい子鹿。昨年も売り切れが続出した(同)

 

木工作品を手掛ける「コナモク」の、鹿のオーナメント。鹿ピラミッドのよう!(同)

 

「Mother Tree」の服飾雑貨は、甘すぎず男女問わず使えるデザイン。靴下やトートバッグなども並ぶ(同)

 

鹿せんべい、ではなく、本物そっくりの箸置き。焼き具合や質感も見てほしい「Okiku工房」の作品(同)

 

 

著名作家のレアな作品求め 遠方からも「鹿」に殺到

 作品は手作りの表情や温かみを感じられる「一点もの」が中心。普段は鹿作品を作っていない作家さんがほとんどで、同イベントだけでレアな作品を手に取れるのも人気の理由。

 

 毎年この時期を楽しみにする熱心な鹿ファンは全国におり、イベントは例年、早々に売り切れが続出するほどの盛況だ。初日に間に合うよう仕事の休みを調整したり、夜行バスで来訪する人も。遠方から泊りがけで奈良に滞在し、連日通う常連もいる。

 

 

奈良の鹿を大切に想う方々に 今後も「鹿」作品届けたい

 mittoさんは「実際の鹿を身近に感じられる場所で開催することで、鹿の愛らしさを作家やお客様同士共有して交流が生まれることが嬉しい。私自身、年に一度『ならしか』で皆様にお会いできることが楽しみになっている。来年は節目の10回目。支えてくれる方々に感謝しながら細く長く続けたい。会期は約3週間と余裕があるので、それぞれの『出会い』を楽しみに何度でも立ち寄ってもらえれば」と語った。

 

 作品の取り置きや通販は不可。追加納品などの情報は同イベントの各SNSを確認。

 

同イベントSNSは、Twitter:https://twitter.com/narashika11、 Facebook:https://www.facebook.com/narasika11 、instagram:https://www.instagram.com/narashika11

 

 

イベント情報

※記事公開時の情報です

<イベント名>

「ならしかの休日Vol.9」

 

<会期>

2022年11月1日~11月23日

 

<会場>

奈良蔦屋書店 1階ポップアップスペース(奈良市三条大路1丁目691-1)

 

<イベントに関する問い合わせ>

メール:mail@m-mascot.com (mittoさん)

 

<公式instagram>

  • Instagram

 

 

 

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド