募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

【PRワイヤー】積水ハウス株式会社

積水ハウス、戸建ZEH「グリーンファースト ゼロ」発売から10年で累積8万棟を達成

2024年4月23日
積水ハウス株式会社

2023年度に提供した新築住宅等の使用時のCO2排出量(スコープ3カテゴリ11)は当社グループ全体で2013年度比38%削減

 

 積水ハウス株式会社は、2013年にZEH基準をクリアする「グリーンファースト ゼロ」を発売してからの累積販売棟数が83,541棟となり、2023年度の戸建ZEH比率は95%※1とこれまでで最も高い水準となりました。戸建住宅に加え賃貸住宅「シャーメゾン」や分譲マンション「グランドメゾン」におけるZEH-M、非住宅建築物におけるZEBなど、多面的な取り組みにより、2023年度における海外事業も含めた積水ハウスグループ全体※2が提供した新築住宅等の使用時のCO2排出量(スコープ3カテゴリ11)は2013年度比で38%削減となりました。

 今後も積水ハウスグループ全体が提供する新築住宅等の使用時のCO2排出量(スコープ3カテゴリ11)を2030年において2013年度比55%削減、2050年度のカーボンニュートラルの実現に向けて、着実に取り組みを進めてまいります。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404239856-O1-BQ31gMUv

 

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M100045/202404239856/:prw:PT1fl:0q332ANr.png

 

①個別取り組みの進捗

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M100045/202404239856/:prw:PT2fl:3fTKXSb4.png

 

②2050年カーボンニュートラル実現に向けて、当社グループが提供した新築住宅等の使用時のCO2排出量(スコープ3カテゴリ11)削減を推進

 

 当社グループはパリ協定の目指す削減目標※5に整合させるために、昨年、温室効果ガスの削減目標を更新し、SBTイニシアチブから認証を取得しました。更新後の削減目標「2030年までに製品使用時のCO2排出量(スコープ3カテゴリ11)を2013年度比55%削減する」に対して38%削減まで進捗しました。削減目標55%に対して38%削減であり、進捗率は69%と順調に推移しています。

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404239856-O2-cbG6d5Z4

図1.2050年カーボンニュートラル実現に向けたスコープ3カテゴリ11削減目標と進捗

 

 

※1 2023 年 4 ⽉から 2024年 3 ⽉、北海道以外の地域におけるNearly ZEH以上(多雪地はZEH Oriented含む)の比率

※2 CO2排出量集計範囲:積水ハウス(単体)、鴻池組、積水ハウスノイエ、積水ハウス建設、積水ハウス不動産、SEKISUI HOUSE US HOLDINGS,LLC 傘下の住宅販売子会社、SEKISUI HOUSE AUSTRALIA HOLDINGS PTY LIMITED

※3 ZEH Ready以上の比率(住戸ベース)

※4 2023 年 4 ⽉から 2024年 3 ⽉、ZEB Ready以上

※5 目標水準はスコープ1、2が1.5℃、スコープ3がWB2℃

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド