募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

【PRワイヤー】株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

完全自動運転車両の開発をめざすTuring株式会社へ出資

Turing

2024年4月23日
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

 株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:安元 淳、以下、NDV)は、同社が運用するファンドを通じて、全ての運転操作をシステムが行う完全自動運転(レベル5)車両の開発に取り組むTuring株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:山本 一成、以下、チューリング)へ出資を行いました。

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404239829-O1-3JwvcK4x
 チューリングは、世界で初めて名人を倒した将棋AI「Ponanza」の開発者である⼭本⼀成氏と、米カーネギーメロン大学計算機工学科で博士号を取得し米国にて自動運転システムの開発・研究に従事していた⻘⽊俊介氏によって、2021年に共同創業されました。

 現在、国内外で様々な自動車会社やスタートアップ企業が自動運転に取り組んでいますが、多くの自動運転システムは定められたルールに則りプログラムを処理することで運転を制御する方式を採用しています。しかし、あらゆる状況をルールとして規定しプログラム化することは難しく、現時点では人間が介在しなければならない場面が残っています。 チューリングは、テキストや画像など複数種類のデータの入出力に対応する独自開発のマルチモーダル生成AI「Heron」を活用することで、走行データに存在しない状況でも倫理的に対応可能なシステムを構築し、ルールベースでは到達困難な完全自動運転実現をめざしています。

 NDVは、既存事業とのシナジー創出に加え、非連続なイノベーションへの出資を強化することを掲げています。このたびの出資は、カーシェアやライドシェアなどのモビリティビジネスにおけるイノベーションとして期待しており、本出資を契機に、NTTドコモやNTTグループとの新たな価値創造をめざしてまいります。

【用語解説】マルチモーダル: AIへの入力情報の種類(テキスト、画像、音声など)をモーダルと言い、これらの異なる入力情報を組み合わせて使う能力をもった人工知能の特性を指す。

■Turing株式会社について
会社名 Turing株式会社
所在地 東京都品川区大崎1丁目11−2 ゲートシティ大崎 イーストタワー4階代表者 
代表取締役 ⼭本 ⼀成
事業内容 完全自動運転車両の開発
URL https://www.turing-motors.com/

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド