特集奈良ラーメン探検隊活動中!

【PRワイヤー】ライツテック株式会社

【学校・塾向け性暴力防止ハンドブックを無料公開】教育現場での性犯罪を防ぐ新サービスを開始

ネット社会での権利侵害から個人を守る 相談実績16,103件

【学校・塾向け性暴力防止ハンドブックを無料公開】教育現場での性犯罪を防ぐ新サービスを開始

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404229762-O1-i4l6ULew

AIでリベンジポルノをなくす「HIMEPA」 Rights Tech株式会社へ社名変更、法人向けサービスを開始

■ネット社会での権利侵害から個人を守る 相談実績16,103件
昨今、子どもにとって安全であるべき教育現場での性加害が後を絶ちません。独自AIでリベンジポルノをはじめとしたデジタル性暴力・権利侵害解決を行ってきたベジベジ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役:櫻庭弘貴)は、2024年3月1日に社名をRights Tech(ライツテック)株式会社に変更し、2024年4月1日よりビジョンを刷新。学習塾・教育機関向けの新たなサービス展開を開始したことをお知らせいたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404229762-O2-V7ZP39B6

 
◾️ 学校・塾向け 性暴力防止ハンドブックを無料配布中
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404229762-O3-1RgWB21j

Rights Techにこれまで寄せられた被害相談事例や豊富な解決実績をもとに、学校での性暴力を防ぐために教職員が知っておきたいことを一冊にまとめたハンドブックです。デジタル性暴力の問題の最新事例を知ることができます。保護者や生徒への配布共有にもおすすめです。

「性暴力防止ハンドブック」完全版(20ページ)ダウンロード
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404229762-O4-f99ooA0H

【記載内容】
・教育現場での性暴力防止対策チェックリスト
・教育現場での性暴力事例
・教職員による性暴力の原因と対策
・生徒も加害者になる可能性が。生徒に周知したい、デジタル性暴力最新事例3つ
・加害者にならないために
・もしも被害にあったら、相談されたら

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404229762-O5-9yDqRk6l

■ デジタル世代を性加害者にさせない。子どもたちに安全な環境を手渡すために、教育機関向け性暴力防止コンサルティングを展開

昨今、教職員の不祥事・教育現場での性暴力事案が後を絶たず、各教育委員会は緊急集会や被害対応、再発防止対策に追われています。教育現場での性暴力は、教職員のみならず生徒が加害者になるケースも。相次ぐ問題に「緊急事態」と懸念をあらわにする自治体が続出しています。

文科省は2022年に成立した「わいせつ教員対策法」に合わせ、「教育職員等による児童生徒性暴力等の
防止等に関する基本的な指針」を発表し、各自治体に対策や研修の実施を求めています。しかし、8割以上の自治体は性暴力事案発生時の対応マニュアルを作成しておらず方針を共有できていない、半数以上の自治体は性暴力に関する研修を行っていないのが現状です。研修実施のうえでの課題は「専門的知見を有する講師がいない」という声が多い結果でした。(参考 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社調査 2023)

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404229762-O6-QJTfS97P

Rights Techはこうした教育現場のニーズに応えるため、学校・学習塾・子ども向けの習い事を運営する民間企業などに向けて、リスクアセスメント・防止対策策定・システム導入による予防・事案発生時の弁護士による法的サポートをワンストップで行います。
これまで運営してきたデジタルバイオレンスの発見・防止を行う「HIMEPA」および、デジタル性犯罪に特化した法律メディア「みまもるメディア」、NPO法人Gawain・トラスト弁護士法人との共同プロジェクト「リベンジポルノ法律相談室」等のサービスで得た知見・システムを最大限に活用し、新たなビジョン「ネット社会からプライベート情報の漏洩を守り、権利侵害の苦しみから解放する」を実現していくために、更なる事業の強化をしてまいります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404229762-O7-8CoYFrG4

Rights Techは、顧客、パートナー、従業員、そして関係者の皆様に対するサービスの向上と価値の提供に注力してまいります。今後とも、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 
【会社概要】
ライツテック株式会社は、デジタル性暴力・権利侵害解決のプロフェッショナルです。弁護士等の専門家が結集し、ネット社会の中で権利侵害の苦しみから解放するため、その権利侵害を明らかにし、自己の権利を守るために、適切な手段を使って正当な行動を取るための支援をいたします。これまで相談件数16,000件以上の実績(2024年4月現在)があります。AI画像検索により、相談者様の顔写真をAIが解析・ネット上をクローリングし、画像や動画までも検知する世界初のエンジン「HIMEPA」https://www.himepa.com を提供。デジタル性犯罪に特化した法律メディア「みまもるメディア」https://mi-mamoru.com/ の運営。弁護士・NPO・当社の共同で「リベンジポルノ相談室」https://porn-help.jp/を運営し、経済的に困窮されているご相談者様の「法的対処」「予防」「名誉の回復」までを全て無料で承っております。

商号: ライツテック株式会社(RightsTech Inc.)
創業: 2019年(令和1年)8月21日
資本金: 2,567万円(2023年7月31日現在)*資本準備金含む
本社所在地 : 〒164-0013  東京都中野区弥生町二丁目 41 番 17 号 
                東京コンテンツインキュベーションセンター No.21
代表者:       代表取締役社長 櫻庭 弘貴
Website : http://rights-tech.jp

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404229762-O8-14I3imTJ

サービス:
HIMEPA : https://personal.himepa.com/
みまもるメディア : https://mi-mamoru.com
リベンジポルノ法律相談室:https://porn-help.jp

【お客様からのお問い合わせ先】
ライツテック株式会社
TEL:080-7417-1112

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
ライツテック株式会社
担当:櫻庭
TEL:080-7417-1112

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド