国原譜

65歳以上の介護保険料が見直された。3…

関連ワード:

 65歳以上の介護保険料が見直された。3年ごとの改定で、基本的には額の引き上げ。高齢者の一人としても、先行きへの不安な思いが膨らむ。

 

 ただ、いたずらに不安がっても仕方がない。数字を丁寧に読もう。まず、基準額(月額)の都道府県別平均額は6225円。県の平均は6034円で少し低い。

 

 介護保険制度は市町村が運営しており、実際に支払う額は市町村で決める。県内39市町村で基準額の最高額は天川村の7800円、最低額は橿原市の4883円。

 

 前期より増額は16市町村、減額は9市町村、変更なしが14市町村。増額の最高は香芝市の1100円、最も減額となるのは御杖村で、1300円引き下げとなる。

 

 さらに、ここに挙げたのはいずれも基準額。市町村民税の課税状況や収入・所得状況に応じて額が異なる。例えば奈良市だと18段階に区分されている。

 

 自分が居住している市町村の介護保険料額がいかほどか、よく確認しておこう。そして、自治体ごとにばらつき(格差)があるのはなぜか、よく考えよう。愛する「わが町」のため、それが高齢者の義務だと思って。(北)

 

こちらの記事も読まれています

特集記事

トレンドワード

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド