国原譜

1970年代、「心の旅」「虹とスニーカ…

関連ワード:

 1970年代、「心の旅」「虹とスニーカーの頃」などヒット曲を飛ばしたバンド、チューリップのコンサートがこのほど、大阪・フェスティバルホールであった。

 

 メンバーの一人がステージから観客の年齢層を聞いたところ、60歳代が圧倒的に多かった。筆者と同様、70年代に青春を過ごした人たちだろう。そしてメンバー4人中、3人が70歳代。

 

 ところがである。コンサートが始まると魔法をかけられたかのように演奏者、観客は10代、20代に戻って熱くなった。外見ではなく、心の中で。

 

 知人が入居している老人ホームの行事に「昭和歌謡を歌おう」がある。日頃は意思の疎通が難しい重い認知症の人が、はっきりと美しい声で歌うのを見て驚いたと知人が話していた。

 

 もちろん、個人差があるので、すべての人に音楽の効用があるわけではないだろが、なじみの曲を笑顔で歌うと元気になれる。

 

 コンサートが終わり帰路につくと、魔法がとけて本来の年齢に戻っていた。「よし、カラオケで心の旅を歌おう」と決意した。カラオケ機器の採点など気にせずにね。(栄)

 

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド