国原譜

日本はどんな国なのか。「戦国時代、明治…

関連ワード:

 日本はどんな国なのか。「戦国時代、明治維新、高度成長期のように、時々、乱暴な実力主義になります。でも何十年かすれば、居心地がいいのか世襲の国に戻って、衰退の道をたどります」。

 

 本紙4月27日付掲載のインタビュー記事で、磯田道史・国際日本文化研究センター教授はこのように指摘している。今の日本の現状は、まさに道の途中ではないか。

 

 経済では日米金利差などを背景に円安が加速し、29日は一時1ドル160円をつけた。輸出大企業やインバウンド関連には朗報かもしれないが、日本全体にとってはどうなのか。

 

 過度な円安は「日本にとっていいわけない。喜ぶような人はちょっとおかしい」と断言したのは柳井正ユニクロ会長。通貨の価値は国力に正比例するのではないか。

 

 政治の衰退も著しい。政治資金パーティー裏金事件の影響を受けて、与党である自民党への不信感が沸騰。28日の衆院3補選で自民が事実上、全敗した。

 

 ただ、衰退の道をたどったとしても再び浮上してくるのが日本の歴史だ。「明治初期の自主自尊の心を振り返りたい」(磯田教授)(栄)

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド