国原譜

真実は不明。経緯も不明。まるで芥川龍之…

関連ワード:

 真実は不明。経緯も不明。まるで芥川龍之介の小説「藪(やぶ)の中」ではないか。政権を担っている政党の国会議員の弁明にあきれる。

 

 自民党の「裏金」問題(政治資金パーティーを巡る問題)で、岸田文雄首相が衆議院の政治倫理審査会に出席。何を語るか期待していたが、がっかりした。

 

 同党が行った、政治資金収支報告書に不記載があった党議員らの聞き取り調査の公表結果を一歩も出るものではなかった。政治責任はまだ果たされていないとしか思えない。

 

 他の弁明議員にしても、自分中心に語るだけで、不明な部分を残したままで終わった。さらに歴史をさかのぼって、裏金づくりの実態に迫るしかあるまい。

 

 県選出の堀井巌、佐藤啓両参議院議員(安倍派=清和政策研究会)にも多くを語ってほしい。何を見てきたのか、何を聞いてきたのか。そして何をなすべきか。

 

 故・安倍晋三元首相の意向で、幹部が決めたという安倍派のパーティー券販売収入のキックバック(還付)取り止め。どうして再開されたのかの経緯も焦点だ。藪の中をつつくと、まだまだ何か出て来そうだ。(北)

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド