国原譜

時間がたつのを待っているのだろうか。繰…

関連ワード:

 時間がたつのを待っているのだろうか。繰り返される「政治とカネ」の問題で、自民党の動きの鈍さに国民の怒りが沸騰している。

 

 とくに県選出の安倍派所属の堀井巌、佐藤啓の両参院議員に対する党員、支持者から、説明責任を求める声が聞こえてくる。党中央の動き待ちとしか思えない。

 

 堀井氏466万円、佐藤氏236万円の裏金が明らかになっているが、それがすべてではなく「もっとあるはずだ」(党所属県議)という認識だ。

 

 昨年、副大臣や政務官を辞任した時に、問題を起こした安倍派所属の議員であることを理由としていた。あとから実は「裏金がありました」では、納得できるものではない。

 

 今月、富山県連で、野上浩太郎参院議員が、派閥から100万円のキックバックを受け、収支報告書に記載していなかったことを明らかにし、その責任を取って会長職を辞任した。

 

 果たして現在県連トップにある堀井氏はどうするのか。佐藤氏も院内や党で新たな役職に就いたことをSNSで発信しているが、県民に対してのけじめをどうつけるのか、問い続けたい。(治)

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド