国原譜

県教委が県内の公立学校に通う児童、生徒…

関連ワード:

 県教委が県内の公立学校に通う児童、生徒合わせて約11万人を対象にした人権アンケートを今月、パソコンを使って一斉に実施すると発表した。

 

 先生も走り出すほど忙しいと聞く年末。何もこんな時期にやらなくてもと思ったが、現代の利器パソコンを使えば意外に容易なのだという。

 

 各校に導入された教育向け情報共有システムを活用。調査はいじめやハラスメントに関するデリケートな内容となるが、回答は無記名で個人の秘匿性も十分担保されるとしている。

 

 アンケートではないが、この時期は県が実施するパブリックコメントも毎年、増える傾向にあり、今年も15件が今月中に手続きに入る予定。

 

 意見を求めるのに適した時期かどうか、複数の案件が集中することにも疑問があるが、県の政策や計画に直接意見を言える大切な機会。より多くの県民の積極的な参加を期待する。

 

 大部の計画書に目を通すのは苦労だが、パソコンを使えば県ホームページから必要な情報も比較的容易に得られる時代。大人も子どもたちに負けないよう、情報機器を活用した意思表示に取り組みたい。(松)

 

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド