政治

奈良市、県営水道値上げに異議 「算定過程が不透明」

関連ワード:

 奈良県域水道一体化から撤退した奈良市などに対し、県営水道の用水供給単価(1立方メートル)が2025年度から現行130円から136円へ5%値上げする方針が伝えられた問題で、奈良市企業局の池田修局長(公営企業管理者)は12日、「単価の算定過程における透明性が不十分」だとし、「一定のルールの下、用水供給単価を算定する仕組みづくりが重要」との考えを明らかにした。県内では26市町村が参加し、「県広域水道企業団設立準備会」を設立。用水単価の値上げは、今年3月、同協議会主催の「用水供給事業説明会」で示されていた。

この記事の残り文字数:532文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド