社会

奈良県社労士会が奈良で総会 事業計画など7議案承認

関連ワード:

県社会保険労務士会の通常総会であいさつする服部会長=6日、奈良市三条本町のホテル日航奈良

 奈良県社会保険労務士会(服部永次会長、351人)は6日、2024年度の通常総会を奈良市三条本町のホテル日航奈良で開いた。委任状を含む約260人が出席し、前年度の事業報告など7議案を原案通り承認した。

 

 新年度の事業計画は、デジタル化の推進や労務監査業務の推進などが承認され、財政基盤の強化のために、会費を約20%上げることも決まった。

 

 服部会長は「会場がコロナ前の形式に戻り、手狭に感じるかもしれないがよろしくお願いします」とあいさつ。厚生労働省近畿厚生局の得津馨局長の代理の堀勝博総務監理官が祝辞を述べた。

 

 総会後には、県社会保険労務士政治連盟の定期大会と懇親会もあり、会員らが交流を深めた。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド