政治

奈良市の新ごみ処理施設、市長「前向きに推進」 議会と距離縮まらず

関連ワード:

6月定例会の初日を終え、報道陣に囲まれる仲川元庸市長=5日、奈良市役所議会棟

監査請求に不満見せる

 

 舌がん治療のための自宅療養から、公務復帰を果たしたばかりの奈良市の仲川元庸市長。5日開会した市議会の6月定例会に出席後、久しぶりに報道陣の前に姿を現し、「体調は徐々に回復している。養生、用心し大事な議会の審議にしっかり答えるのが私の責任」と言葉に力を込めた。一方、「市の最重要課題」とする「七条地区」でのクリーンセンター建設に関し、地元や周辺自治会が提出した「受け入れ反対」の請願が相次いで採択されたことには、「議会の意見を受け止めつつ、引き続き意見交換し、前向きに事業を進められるよう努力したい」と従来通りの姿勢を示した。

この記事の残り文字数:744文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド