政治

新広域ごみ処理施設の愛称募集 奈良県天理市で建設中、10市町村が運営

関連ワード:

愛称を募集している新広域ごみ処理施設の外観イメージ

 奈良県の山辺・県北西部広域環境衛生組合(総合管理者、並河健天理市長)は、2025年7月の稼働を目指して建築中の新広域ごみ処理施設(天理市岩屋町・櫟本町)の愛称を募集している。

 

 同施設は県内10市町村が運営。環境面に最大限配慮するだけでなく、廃材などを利用した体験型のワークショップやマルシェなど、イベントで活用できる交流スペースとしても期待されている。 

 

 募集する愛称は、他の公共施設で使用されておらず構成市町村の施設としてイメージしやすく親しみやすいもの。愛称の後に「クリーンセンター」「リサイクルセンター」が付く。

 

 同組合協議会で選考の上、最優秀賞1点に5万円、優秀賞2点に各3万円の商品券がそれぞれ贈られる。

 

 応募資格は構成市町村に在住または通勤・通学する人。応募は自作で未発表のものに限り、1人1点まで。同市ホームページなどから応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入してEメールか郵送で。6月14日必着(当日消印有効)。

 

 問い合わせは同組合事務局総務課、電話0743(63)1001、Eメールkensetukikaku(at)city.tenri.nara.jp

 

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド