社会

ごはんまだかな? ツバメの子すくすく 奈良県生駒市の商業ビル

関連ワード:

口を大きく開けて餌を待つひな8日、生駒市元町1のグリーンヒルいこ

別の写真を見る

 奈良県生駒市元町1丁目の商業ビル「グリーンヒルいこま」で、今年も多くのツバメが子育てを行っている。同ビルのテナントでつくる「グリーン会」によると、2、3回卵を生み、夏の終わりに巣立っていくという。

 

 近鉄生駒駅や生駒ケーブル鳥居前駅とつながる同ビルの3階通路には計10ほどの巣があり、口を大きく開けて餌を待つ元気なひなの姿が見られる。

 

 7月27日に同ビルで開かれる「いこまマルシェ」(グリーンヒルいこま主催)では、長年にわたり同ビルのツバメを観察する男子高校生による「ツバメの講習会」がある。ほかにも、同ビルのテナントや県内の店舗が出店する。

 

 グリーン会の沢村章男会長(65)は「ひなたちが元気に育ってほしい」と話していた。

こちらの記事も読まれています

特集記事

トレンドワード

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド