教育

国連の恐竜キャラクター「フランキー」が環境授業 奈良県川西町 - 気候変動を食い止めよう【ふりがな付きニュース】

関連ワード:

 国連こくれん開発かいはつ計画けいかく(UNDP)の恐竜きょうりゅうキャラクター「フランキー」が4月12日奈良県ならけん川西町かわにしちょう結崎ゆうざき町立ちょうりつ川西かわにし小学校しょうがっこう環境かんきょう授業じゅぎょうおこない、やく400にん児童じどう地球ちきゅう環境かんきょう変化へんか生物せいぶつ絶滅ぜつめつおそれがある気温きおん上昇じょうしょうなど、危機的ききてき状況じょうきょうめる行動こうどうびかけました。

 フランキーは「ユタラプトル」という肉食にくしょく恐竜きょうりゅうがモデル。2021年に公開こうかいされたキャンペーン動画どうがで、国連こくれん本部ほんぶあらわれたフランキーが「気候きこう変動へんどう壊滅的かいめつてき。(恐竜きょうりゅうのように)絶滅ぜつめつえらぶな。変化へんかこすためにがれ」「手遅ておくれになるまえ人類じんるいすくえ」などとうったえる姿すがた話題わだいびました。

 体長たいちょう4メートル、たかさ2メートルのフランキーが体育館たいいくかんあらわれると、あつまった児童じどうらは迫力はくりょくある姿すがたおどろきながらも歓迎かんげい。フランキーはUNDPの日本人にほんじんスタッフに「恐竜きょうりゅう」を通訳つうやくしてもらい、「この100ねん世界せかい平均へいきん気温きおんがっている」「電車でんしゃやバスのわりにくるまることは地球ちきゅうやさしい」といった〇×しきクイズで、地球ちきゅう温暖化おんだんか問題もんだいつたえました。

 どうしょう6ねんの大島美陽奈さんと下辻陽菜乃さんは「ちかくでるとこわかったが、いい体験たいけんができた」「ものにマイバッグを持参じさんしたり、そとあかるいとき部屋へや電気でんきすなど、環境かんきょうまもみをできることからしていきたい」なとどはなしました。

 フランキーは啓発けいはつ活動かつどう世界せかい各地かくちおとずれていますが、来日らいにちしたのは今回こんかいはじめて。日本にほんには4月8日から14日まで滞在たいざいし、東京とうきょうでは渋谷しぶやあるいたり、環境かんきょう大臣だいじん面談めんだん奈良県ならけんではどうしょうのほか東大寺とうだいじ(奈良市ならし)も訪問ほうもんしました。

 

 

 児童じどう環境保護かんきょうほごびかける「フランキー」=4月12日川西町かわにしちょう結崎ゆうざき川西かわにし小学校(しょうがっこう

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド