社会

奈良県葛城市の石光寺、ボタン360種2000株競演 境内彩る 春の色

関連ワード:

見ごろを迎えた春のボタン=16日、葛城市染野の石光寺

 中将姫伝説で有名な奈良県葛城市染野の石光寺で、春のボタンが見ごろを迎えた。約360種2000株が境内を彩る。

 

 境内は、赤やピンクなどの大ぶりで艶(あで)やかな花が咲くボタンを眺めたり、写真を撮ったりして楽しむ人たちでにぎわっている。 

 

 同寺の担当者は「今月末ごろまで楽しめそう」と話す。当面の間は午前7時30分から開門する。

 

 5月14日まで「弥勒如来石仏」を特別開帳している。拝観料は中学生以上400円。

 

 問い合わせは同寺、電話0745(48)2031。

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド