注目記事山下県政 世論調査の全結果掲載

社会

「奈良シネマクラブ」スタッフ不足で存続危機 年内に活動休止可能性

関連ワード:

新たなスタッフが確保できないと、活動が年内限りになると会員に伝えられた3月の上映会=3月27日、奈良市学園南3の学園前ホール

 月1回の映画上映会を続けている市民サークル「奈良シネマクラブ」(喜多川邦雄代表)が存続の危機を迎えている。上映会の運営などを担うボランティアスタッフ(運営委員)が不足し、新たな人員が確保できなければ年内で活動を休止する。一時期の会員数減を乗り越え、昨年9月に本年度内は活動を続けることを決めていたが、3カ月間前倒しすることになる。

この記事の残り文字数:416文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド