特集奈良の鹿ニュース

政治

奈良市の外郭団体改革 指針を策定したうえで進めるよう意見 - 2023年度包括外部監査結果報告書

関連ワード:

市議会から評価の声

 

 奈良市の外郭団体改革について、団体の在り方や経営健全化の「指針」を策定したうえで進めるよう「意見」した「2023年度包括外部監査結果報告書」が示され、市議会から評価する声が上がっている。同市は公民館の地域ふれあい会館への機能移転問題や、市総合福祉センターの廃止・高齢者福祉センターへの機能移転問題など、外郭団体改革も絡めた性急な行革断行の姿が目立ち、市民や利用者の批判を浴びて「撤回」する場面も。議会と対立する一因ともなっている。

この記事の残り文字数:883文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド