特集奈良ラーメン探検隊活動中!

経済

奈良県食肉センターで牛枝肉共励会 中尾さんに最優秀賞

関連ワード:

枝肉の品質をチェックする審査員=2日、大和郡山市丹後庄町の県食肉センター(県提供)

 第34回奈良県肉牛枝肉共励会(県畜産農業協同組合肉用牛事業部主催)と、第58回大和牛枝肉共励会(県大和牛流通推進協議会)が2日、大和郡山市丹後庄町の県食肉センターで開かれ、県内7生産者から出品された25頭が審査された。最優秀賞に中尾彰さん(46)=牧場地・奈良市=の枝肉が選ばれるなど6頭が入賞。最高品質の大和牛の称号である県プレミアムセレクトには4頭が選ばれた。

 

 良質な枝肉生産のための食味改善、飼養技術の確立をはじめ、大和牛や県プレミアムセレクト認証制度のPRを目的に定期的に行われている。

 

 格付けを行う審査員は、出品された枝肉の肉質や有効な肉量、光沢、脂肪交雑などを慎重にチェック。最優秀賞のほか優秀賞2頭、優良賞3頭を選んだ。

 

 県プレミアムセレクトは同日分を含め、2016年の認証開始以降、総認証頭数が229頭となった。

 

 審査関係者によれば、今回の枝肉は、多く含むほど口どけや風味が良くなるオレイン酸の含有量が60%以上の個体が出品されるなど、全体に良質だったという。

 

 表彰後には出品された枝肉のせりが行われ、最優秀賞(611キロ)には1キロ当たり2820円の値が付いた。

 

 県プレミアムセレクトでは、オレイン酸の含有量のほか、サシの細かさや霜降りの程度を表す脂肪交雑(BMS)、熟成度が分かる肥育期間で、大和牛の中でもより厳しい品質基準が設けられている。

 

 最優秀賞以外の入賞者は次の通り。(敬称略、かっこ内は牧場地。順不同)

 

 【優秀賞】金井啓作(五條市)中尾彰(奈良市)

 

 【優良賞】金井啓作(五條市)俵本重美(大和高田市)北山高嗣(五條市)

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド