特集2024年春の高校野球奈良大会速報

スポーツ

接戦制し、紙浦敬子が優勝 - 2023年度第12回グラウンドゴルフ月例会

関連ワード:

接戦を制して優勝した紙浦敬子=吉野運動公園(主催者提供)

 吉野スポーツクラブが主催する2023年度第12回月例会が3月14日、吉野運動公園であり、平尾の紙浦敬子が優勝した。

 

 大会には37人が出場。第1ゲームは田渕昭代が14打、石橋宗子や畷崇子らが15打で回る中、紙浦敬は16打でラウンドし上位に付けた。続く第2ゲームは阪本節子が16打、綿井令子が17打、戌亥香が18打など追い上げを見せる中、紙浦敬も17打と好成績で回り、合計打数33打で接戦を制した。

 

▽順位

(1)紙浦敬子33打

(2)戌亥香34打

(3)田渕昭代35打

(4)石橋宗子36打

(5)畷崇子36打

(6)綿井令子37打

(7)紙浦利治38打

(8)阪本節子39打

(9)大口怜子39打

(10)喜虎祥行39打

 

※同打数で順位が異なる場合は内容差による

 

 

 

2024年4月3日付・奈良新聞に掲載

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド