特集奈良ラーメン探検隊活動中!

歴史文化

【速報】富雄丸山古墳の蛇行剣、例のない構造の把や鞘が装着 - 奈良市

関連ワード:

把(手前)などの特異な全体像が明らかになった蛇行剣=26日、橿原市畝傍町の県立橿原考古学研究所

 奈良市の日本最大の円墳、富雄丸山古墳(4世紀後半)で2022年12月に見つかった鉄剣「蛇行(だこう)剣」の科学的調査と応急的保存処置を終え、奈良県立橿原考古学研究所と同市教育委員会は26日、共同研究成果を発表した。これまでに例のない構造の把(つか)や鞘(さや)、鞘尻の先に地面から保護する役目の石突(いしづき)が装着されていたことなどが明らかになった。

 

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド