募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

政治

新年度当初予算案否決 「地元の合意を」山下知事の政治姿勢に意見相次ぐ 知事は「合理的判断」強調 - 奈良県議会予算委員会

関連ワード:

深夜まで質疑続く

 

 奈良県議会2月定例会の予算審査特別委員会(荻田義雄委員長、12人)は19日、山下真知事が出席し、総括質疑を行った。総括では最大会派「自由民主党・無所属の会」の委員を中心に、五條市の大規模広域防災拠点の事業用地活用計画の再検討や山下知事の政治姿勢に対する意見が相次いだ。午後1時に始まった質疑は深夜にまで続き、質疑終了後、新年度当初予算案の採決を行った結果、賛成5、反対6で否決した。自由民主党・無所属の会は25日の2月定例会最終日に修正案を提案する。

この記事の残り文字数:1,169文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)


奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

購読お申込みの案内はこちら

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド