歴史文化

富雄丸山古墳、被葬者は身分高い重臣~ 副葬品の逆配置「異様」

関連ワード:

被葬者の足元側で9点が出土した竪櫛=12日、奈良市丸山1の富雄丸山古墳

別の写真を見る

 未盗掘の埋葬施設の調査が進められてきた奈良市丸山1丁目の富雄丸山古墳。これまでのところ、期待された副葬品は青銅鏡3枚と竪櫛9点で、古墳時代前期後半(4世紀後半)の古墳としては少ない。木棺を覆う粘土では類例のない盾形銅鏡や長大な蛇行剣(だこうけん)が見つかっており、棺内遺物の内容とは対照的だ。それが何を意味するのか。浮かび上がる被葬者像とは。

この記事の残り文字数:787文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方は
ログインまたはご利用手続きをお願いします。

初月無料で今すぐ見る
(まずは会員登録画面へ)


地元奈良を知るには
やっぱり奈良新聞デジタル!

奈良新聞デジタルの有料プランに入ると

  • 月額550円から有料記事が読める
  • 広告なしで快適に閲覧(一部バナーを除く)
  • 国内・国際ニュースが読み放題
  • 上位プランで紙面宅配や紙面ビューア利用可

詳しい案内はこちら

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド