募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

社会

奈良県橿原市役所分庁舎前にストリートファイター「春麗」銅像 クラウドファンディングで設置

関連ワード:

橿原市役所分庁舎ミグランス前に設置された春麗の銅像=9日、橿原市内膳町1

別の写真を見る

 大手ゲームソフト会社「カプコン」(大阪市)の人気対戦型ゲーム「ストリートファイター」のキャラクター「春麗(チュンリー)」の銅像が奈良県橿原市内膳町1丁目の同市役所分庁舎ミグランス前に設置され、9日に除幕式が開かれた。

 

 同市とカプコンは2022年8月、ストリートファイターを地域活性化に活用しようと、包括連携協定を締結した。カプコン創業者の辻本憲三会長は同市出身。

 

 同市は昨年7月から10月にかけて、春麗の銅像を設置するためのガバメントクラウドファンディングを実施。全国の34人から計557万円(目標金額550万円)の寄付が集まった。

 

 銅像は台座を含め高さ約1メートル60センチのブロンズ製。デザインはカプコンが担当し、胸の前で拳と手のひらを合わせるポーズをしている。

 

 除幕式には、亀田忠彦市長やクラウドファンディングの協力者らが出席。亀田市長は「素晴らしい出来ばえ。世界的に人気があるゲームのキャラクターを活用して橿原市をPRしていきたい」と話した。除幕されると、市民らが写真を撮るなどしていた。除幕に先立ち、県立橿原高校日本拳法部の部員が実技を披露。記念イベントも開かれ、市民らがゲーム体験や缶バッジ作りを楽しんだ。

 

 昨年5月には、ストリートファイターのキャラクター「リュウ」の銅像が同市内膳町1丁目の市観光交流センター「かしはらナビプラザ」前に設置されている。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド