スポーツ

鴻ノ池スポーツクラブB優勝 オープンの部 - 第63回桜井市民体育大会 市内一周駅伝大会

関連ワード:

一斉にスタートするランナーたち=桜井市生田の市立安倍小学校前

別の写真を見る

 第63回桜井市民体育大会の市内一周駅伝大会(桜井市・市教育委員会・市体育協会主催)が2月18日、桜井市生田の市立安倍小学校をスタートして市内を巡り、同市三輪の芝運動公園にゴールする6区間計22・6キロのコースで開催された。

 

 コロナ禍の影響で4年ぶりとなる同大会には、中学生、一般、オープンの3部門に計23チームが出場。同時にレースを行い、部門別の記録で各上位3組が表彰された。中学生の部はkawai走愛RC・A、一般の部は快足桜、オープンの部は鴻ノ池スポーツクラブBがそれぞれ優勝した。

 

 オープンの部1区を1位で走破し、たすきをつないだ鴻ノ池スポーツクラブBの岡田飛龍(18)は「初参加でコースを下見していなかったが、折り返して戻ってくるコースだったので行きの登りは様子見で、帰りの下りで勝負をかけた。走ってみて楽しかった」と話した。3番目にたすきをつないだ、中学の部1区区間賞の鴻ノ池スポーツクラブA・野殿岳(13)は「最初は登り坂がきつかった。下りで前のランナーとの差をもう少し縮めたかった」と自身の走りを振り返った。

 

【中学生(22・6キロ)】

▽上位入賞 

(1)kawai走愛RC・A

 (大谷俊平・山地理恩・端山輝・稲江蓮翔・中西理訓・山本陽翔) 1時間18分3秒

(2)畝二八斑香

 (森本杏・寺田泉・実田村実彩・尾崎一樺・仁賀菜々美・前田梨湖) 1時間22分26秒

(3)鴻ノ池スポーツクラブA

 (野殿岳・増田和暉・嘉味本龍毘・平本悠翔・福田青生・清水大馳) 1時間23分25

 

▽区間賞

1区(3・6キロ)=野殿岳(鴻ノ池スポーツクラブA)11分38秒

2区(2・9キロ)=山地理恩(kawai走愛RC・A)11分17秒

3区(3・9キロ)=端山輝(同)12分51秒

4区(4・5キロ)=尾崎一樺(畝二八斑香)15分22秒

5区(4キロ)=中西理訓(kawai走愛RC・A)13分23秒

6区(3・7キロ)=山本陽翔(同)12分42秒

 

【一般(22・6キロ)】

▽上位入賞

(1)快足桜

 (久保英生・上田達也・小倉英郎・西村訓浩・番匠正憲・新田善彦) 1時間28分21秒

(2)オレンジリボン

 (坂本隆哉・清水順・早川豊昭・中山祐一・竹島隆二・中西弘樹) 1時間39分30秒

(3)IWARE

 (橋本朗・福住康訓・大岩周平・鶴田浩史・末吉範士・福田直紀) 1時間40分21秒

 

▽区間賞

1区(3・6キロ)=野村一吹(アスカG)13分55秒

2区(2・9キロ)=上田達也(快足桜)12分33秒

3区(3・9キロ)=大岩周平(IWARE)13分23秒

4区(4・5キロ)=西村訓浩(快足桜)17分11秒

5区(4キロ)=番匠正憲(同)15分22秒

6区(3・7キロ)=新田善彦(同)15分6秒

 

【オープン(22・6キロ)】

▽上位入賞 

(1)鴻ノ池スポーツクラブB

 (岡田飛龍・沢田栞和・柏木優希・佐藤我駆人・福田海未・荒堀太一郎)1時間8分40秒

(2)伊藤家の酒宴

 (渡辺慧亮・吉田健児・北嶺真・北裕介・岡村大樹・西村知晃)1時間15分33秒

(3)十津川ランナーズA

 (玉置雄一郎・金森悠・東憲伸・山香慶造・村岡正啓・氏本拓実)1時間25分4秒

 

▽区間賞 

1区(3・6キロ)=岡田飛龍(鴻ノ池スポーツクラブB)10分45秒

2区(2・9キロ)=吉田健児(伊藤家の酒宴)10分0秒

3区(3・9キロ)=柏木優希(鴻ノ池スポーツクラブB)10分25秒

4区(4・5キロ)=佐藤我駆人(同)13分37秒

5区(4キロ)=福田海未(同)12分28秒

6区(3・7キロ)=荒堀太一郎(同)11分3秒

 

 

2区走者にたすきを渡す鴻ノ池スポーツクラブAの野殿岳=同

 

 

2024年3月2日付・奈良新聞に掲載

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド