スポーツ

神戸ストークス戦を振り返って 2連勝目前も - バンビシャス奈良

関連ワード:

延長戦終了間際、笠井(手前)のパスを受け逆転を狙う3点シュートを放った古牧=2月24日、兵庫県の西宮市立中央体育館

ディフェンス機能 攻撃で笠井が存在感

 

 2月23、24の両日にアウェーで行われた神戸ストークスとの2連戦は1勝1敗で引き分けた。神戸は西地区4位でプレーオフにぎりぎり食い下がっている「負けられない」状況で、敵地での対戦ということも考えればまずまずの結果だろう。

 

 23日の第1戦は68―56で勝利。小野ヘッドコーチ(HC)は「攻撃力のあるチームをロースコアで抑えられた」とディフェンスが機能した点を一番の勝因とした。

 

 連勝できれば一時は遠ざかったプレーオフ進出への期待が再び高まるところだったが、第2戦の結果は5分間の延長の末70―71で惜しくも敗れた。

 

 神戸は立ち上がりから攻撃に集中力を見せてきたが、終盤まで大きく引き離されることなく持ちこたえられたのは、ディフェンス力に加え、笠井の攻撃の起点としての役割りが大きかった。笠井はこの試合13本ものアシストを記録している。特に3点シュートは、第2Qのジャクソンの逆転弾、第4Q最終盤6点ビハインドから同点に持ち込む、古牧、ハインズの連続ショットなど、バンビシャス奈良が第2戦でリングに沈めた計5本の全てを好アシストで演出した。

 

 その機会は延長戦にもつれ込んだ最終局面でもやってきた。残り42秒までリードしていたバンビシャス。しかし神戸にインサイドを許し1点ビハインド。タイムアウトが開けた残り22秒、ゴール下の笠井からボールを回された古牧は、入れば勝利がほぼ決まる3点シュートを弾道高く放った。だがボールはリングを外れ、逆転の一投とはならなかった。目前で勝利を逃がす悔しい敗戦となった。(有賀)

こちらの記事も読まれています

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド