募集「悩み」や質問募集 僧侶3人がお答えします

歴史文化

「花ごしらえ」 桶に並ぶ造花 鮮やか - お水取り2024

関連ワード:

二月堂に飾るツバキの造花を作る練行衆ら=東大寺提供

 東大寺二月堂の修二会(しゅにえ=お水取り)で、二月堂の須弥壇に供えるツバキの造花を準備する「花ごしらえ」が23日、奈良市雑司町の同寺であった。

 

 赤や黄色が美しい花は全て手作りで、練行衆や世話役の仲間(ちゅうげん)らが別火坊の座敷で作業を行った。タラの木の芯に黄色の蘂(しべ)紙を巻き、紅白の花びら5枚を貼って仕上げる。出来上がった花は塗りの桶(おけ)に並べていく。

 

 造花は後日、ツバキの枝に取り付けて二月堂の堂内に飾られる。

関連記事

特集記事

人気記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • 特選ホームページガイド